2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170032123

●科目区分
文系教養科目

●科目名
表象と文化
●主担当教員名
栗田 秀法

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅲ期
火・1
●対象学部
農学部
情報文化学部(自然)
医学部
理学部



●本授業の目的およびねらい

西洋近現代美術を読み解き、鑑賞するために必要な知識やスキルの習得を目的とします。芸術作品が時代・社会や文化との関係の中で、どのように表現され、また、どのように受容されたのか、といった問題についても理解を深めます。社会や文化に向き合うための総合的な判断力と思考力を培うための一助になればと思います。

●履修条件あるいは関連する科目等

芸術文化に多少でも関心がある方であれば特に条件はありません。

●授業内容

西洋近現代美術の名作14点ほどを取り上げ、各作品とそれに関連する諸問題、西洋近現代美術の歴史について理解を深めます。

① 河原温「日付絵画」:アート
② レオナルド・ダ・ヴィンチ《モナ・リザ》:肖像画、油彩画
③ ミケランジェロ《アダムの創造》:聖書、素描
④ ブリューゲル《雪中の狩人》:風俗画、風景画
⑤ ベルニーニ《アポロとダフネ》:神話、彫刻
⑥ レンブラント《夜警》:明暗法、感情表現
⑦ ヴァトー《シテール島の巡礼》:貴族、美術アカデミー 
⑧ ドラクロワ《民衆を導く自由の女神》:歴史、寓意
⑨ モネ《日傘をさす女性》:市民、科学
⑩ ゴッホ《ひまわり》:静物、表出
⑪ ピカソ《ゲルニカ》:戦争、造形
⑫ ダリ《記憶の固執》:幻想、アウトサイダーアート
⑬ ポロック《ナンバー31》:身体、物質
⑭ ウォーホル《マリリン・モンロー》:大衆文化、版画・写真
⑮ 授業の総括及び試験


●成績評価の方法

授業への取り組み(コメントペーパーの内容を含む) 30%
期末試験 70%
※中間課題を課す場合がある。

●教科書

特に指定しない。

●参考書

『世界美術大全集』全28巻、小学館;ホール『西洋美術解読事典』河出書房新社;高橋裕子『西洋美術のことば案内』小学館;高階秀爾監修『西洋絵画の歴史』(全3館)小学館101ビジュアル新書、木村三郎『西洋近代絵画の見方・学び方』左右社、三浦篤『まなざしのレッスン』(全2巻)東京大学出版会、など。

●注意事項

できるだけ美術館、博物館を訪れ、実作品に機会を持つようにしてください(愛知県美術館、名古屋市美術館、豊田市美術館、ヤマザキマザック美術館、岐阜県美術館、三重県立美術館、静岡県立美術館、国立西洋美術館など)。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

詳しい参考文献等、復習についてはNUCTも活用しますので、参照ください。


時間割一覧へ戻る