2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170023304

●科目区分
文系教養科目

●科目名
民主主義の歴史と現在
●主担当教員名
野村 康

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅱ期
水・3
●対象学部
文系学部



●本授業の目的およびねらい

 本講義は、現代社会が直面している諸課題を念頭に置きながら、民主政(デモクラシー)への視角を養うことを目的とする。
 本講義の前半期(第一部)では国際的な課題として、民主化、戦争と平和、グローバル化、南北問題を取り上げ、民主政の可能性と限界を考える。
 後半期(第二部)では、国内の政治過程における主要な主体や参加のあり方について、政策諸課題を踏まえながら議論し、民主政の進路を考える。

●履修条件あるいは関連する科目等

 事例として環境問題を使うことが多く、情報文化学部の講義科目「環境政治」と内容が一部重複するため、情報文化学部の学生は履修にあたり注意すること。

●授業内容

 以下のような流れで進めることを予定している。(ただし、各項目は複数週にまたがったり、前後したりすることもある。)

第一部 国際的な課題と民主政
01. 民主化(I) 民主化の歴史と現在 
02. 民主化(II) 民主化のメカニズム 
03. 戦争と民主政
04. 民主化(III) 民主化外交
05. グローバル化と民主政
06. 南北問題と民主政

第二部 国内の政治過程と民主政
07. NGOと民主政
08. 企業と民主政
09. 政党と民主政
10. 直接行動と民主政
11. 地方分権と民主政
12. その他


●成績評価の方法

 試験50%、その他50%。「その他」には出席や、ペアワークへの取り組み状況等の授業態度が含まれる。(なお、履修取り下げ制度は採用しない。定期試験を受験しない者は「欠席」とする。)

●教科書

 特になし。

●参考書

 必要に応じて、授業内で指示する。

●注意事項

 本授業は、ペアワークなどを通じて双方向的に進めていきたいので、積極性を持った学生の受講が望まれる。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る