2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170013120

●科目区分
文系教養科目

●科目名
人間と行動
●主担当教員名
齋藤 洋典

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
水・1
●対象学部
工学部



●本授業の目的およびねらい

人の認知と行動に対する認知心理学及び認知科学的研究を概説し,人の行為と心的活動(こころのはたらき)についての理解を深める。
実験・調査等のデモンストレーションを取り入れながら講義を進める。

●履修条件あるいは関連する科目等

認知心理学,認知科学,情報科学,心理言語学, 認知神経心理学

●授業内容

 1.心理学(認知科学,認知心理学など)における研究パラダイムの特徴
 2.人の認知活動を支えるこころとからだ(レポートの作成方法を例題として)
 3.心理学の生物学的基礎
 4.心理的発達 
 5.感覚過程と知覚
 6.学習と条件づけ
 7.記憶 
 8.言語と思考 
 9.動機づけ
10.感情
11.知能 
12.人格 
13.ストレスと心理的障害
14.社会的認知
(講義内容の実施順序については,実験のデモンストレーションの都合に応じて若干の変更があります)

●成績評価の方法

個人実験への参加(1回)を必修条件とし,授業中の課題10回(各5点,合計50点)の提出と,最終レポート1回の提出もしくは試験(50点)とによる総合評価.

●教科書

パワーポイントで授業内容をスクリーンに呈示して授業を進める.パワーポイントの一部出力を配布する.教科書や参考文献等は随時指示する。

●参考書

新・心理学の基礎知識(有斐閣ブックス,2005),新版現代心理学(培風館,2007),
ヒルガードの心理学(金剛出版, 2012), 認知心理学ハンドブック(有斐閣, 2013)。

●注意事項

授業中に実験のデモンストレーションを実施する予定.
授業はパワーポイントによる説明と,説明に関連する印刷物の配布を併用する.

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

齋藤研究室では,「脳」はいかにして「意味」を理解しているのか,
私たちはいかにして他人の心を理解しているのか.
その仕組みを解き明かすために,人の認知・記憶・感情・行為などの幅広いテーマを扱っています.
人の情報処理活動を認知心理学の実験手法と認知科学的アプローチを駆使して解明しよう
としています.
研究テーマ:
意味情報処理過程,二言語併用者における心的辞書,自伝的記憶と感情,発話と行為の相互作用,
説明と理解と行為の遂行との関わりなど,

人の知覚,記憶,言語,思考,注意や意識などの高次精神活動と,それらの活動を支える
身体運動・動作・行為・行動などの身体活動との相互作用の解明を目指しています.

精神活動と身体活動とを「つなぐ」知識処理とその具体的「表現」について考えようとし
ています.

「想い」は表現されても,伝われなければ「意味」を失い,また伝わっても,「行動」に
移されなければ,その「使命」をまっとうすることができません.

人々の生活における認知的「支援」をいかにすれば「励まし」へとつなぐことが可能かを,
実践的に研究することも,齋藤研究室の重要な使命だと考えています.


時間割一覧へ戻る