2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170035223

●科目区分
文系基礎科目

●科目名
教育学
●主担当教員名
阿曽沼 明裕

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅲ期
金・2
●対象学部
医学部(医)
農学部
情報文化学部(自然)
理学部



●本授業の目的およびねらい

大学はありとあらゆるものを研究の対象としてきたが、大学自身を対象とすること、言い換えれば、自己反省的、自己言及的探求は遅れた。しかし、大学、高等教育機関は、人材養成や知識生産を行う機関として、現代社会の中で不可欠の役割を果たしている。そこで、この講義では、大学制度がどのような構造を持ち、どのような機能を果たしているのか、どのように変わりつつあるのかを、歴史や国際比較を中心に学ぶ。講義の目標は、大学制度の基礎的な知識を得ること、とくに日本の高等教育システムの構造を理解することである。こうした学びを通じて現代社会を理解する視点を養う。

●履修条件あるいは関連する科目等

とくになし

●授業内容

1.イントロダクション:高等教育の制度概念
2.大学の起源と歴史
中世の大学、大学と科学、近代大学
3.日本の高等教育の歴史
戦前日本の高等教育、戦後日本の高等教育
4.諸外国の高等教育
アメリカの高等教育、ヨーロッパの高等教育、アジアの高等教育
5.現代日本の高等教育の構造
入学者選抜、大学教育と職業、大学の教育力、学位の質保証
6.高等教育の大衆化と大学改革

文献:喜多村和之『高等教育の比較的考察』玉川大学出版部、島田雄次郎『ヨーロッパの大学』玉川大学出版部、ラシュドール(横尾壮英訳)『大学の起源』(上中下)東洋館出版社、ベン-デービッド(潮木守一・天野郁夫訳)『科学の社会学』至誠堂、吉川安『科学の社会史』南窓堂
中山茂『帝国大学の誕生』中央公論新社、天野郁夫『高等教育の日本的構造』玉川大学出版部
天野郁夫『旧制専門学校論』玉川大学出版部、有本章・羽田貴史・山野井敦徳編著『高等教育概論』ミネルヴァ書房、安原義仁・大塚豊・羽田貴史『大学と社会』放送大学教育振興会、『岩波講座 現代の教育 変貌する高等教育』岩波書店、金子元久『大学の教育力』ちくま新書、潮木守一『世界の大学危機』中公新書


●成績評価の方法

期末定期試験による。定期試験を欠席した場合に「欠席」とする。

●教科書

教科書はなし
講義で必要に応じて資料を配布す


●参考書

「授業内容」に提示、その他は授業中に適宜提示する。

●注意事項



●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る