2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170035221

●科目区分
文系基礎科目

●科目名
文学
●主担当教員名
安川 晴基

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅲ期
金・2
●対象学部
医学部(医)
農学部
情報文化学部(自然)
理学部



●本授業の目的およびねらい

トラウマ的な出来事とは、私たちが普段世界を経験し、解釈するときに用いる認識のフレームを吹き飛ばすような、衝撃的な出来事です。戦争、ジェノサイド、原爆、9・11などは、そのような出来事の典型でしょう。トラウマ的な出来事をいかに表現するか?文学をはじめ、様々な芸術の分野が直面してきた根本的な問いです。
この講義では、特にホロコースト(ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺)を主題とする作品を取り上げ、各作品が上記の問いにどう向き合っているかを探ります。また、文学に限らず、映画、美術、建築などの作品も紹介します。

●履修条件あるいは関連する科目等

履修条件は特にありません。

●授業内容

01 イントロダクション
02 ランズマン『ショア』(1)
03 ランズマン『ショア』(2)
04 証言不可能性の文学(1)
05 証言不可能性の文学(2)
06 証言不可能性の文学(3)
07 言葉の力:パウル・ツェランの詩
08 ホロコーストのイメージ(1)
09 ホロコーストのイメージ(2)
10 戦後ドイツのカウンターモニュメント
11 ベルリン・ユダヤ博物館と「メモリー・ヴォイド」
12 空間実践(1):脱中心的モニュメント
13 空間実践(2):アーバンスケープの裂け目/不在の痕跡
14 空間実践(3):デムニヒ「躓きの石」
15 ふりかえり/まとめ

*授業内容は部分的に変更する可能性があります。

●成績評価の方法

毎回のリアクションペーパーと期末レポートによって総合的に評価します。
授業を5回以上欠席した場合、または、期末レポート未提出の場合には「F」か「欠席」とします。「欠席」は「履修取り下げ届」を提出した場合に限ります。

●教科書

各回プリントを配布します。

●参考書

授業中に適宜紹介します。

●注意事項



●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る