2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170022336

●科目区分
文系基礎科目

●科目名
政治学
●主担当教員名
増田 知子

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅱ期
火・3
●対象学部
工学部



●本授業の目的およびねらい

 日本の民主主義による政治制度がなぜ適切に機能しなくなっているのか、主に政治学の理論を説明ツールとして使い、受講生と一緒に考えていきます。国の政策を決定する3大アクターである政治家と官僚と国民(住民)の関係に焦点を当て、選挙、原発再稼働、財政危機、憲法問題を扱います。方法としては、メディアを通じて入手 できる情報を多用することで、効率的に事実関係を把握し、プリンシパル・エイジェント論を用いて、アクター間で合理的選択が行われている状況と、それらが引き起こしている問題への対応策について検討します。

●履修条件あるいは関連する科目等

世界史、日本史、経済、憲法、経済に関する科目を受講しておいて下さい。

●授業内容

第1回 授業テーマについての解説 (出席必須)
第2回 日本の民主主義 1 国政選挙の実態
第3回 日本の民主主義 2 民主主義と選挙 中北浩爾著『現代日本の政党デモクラシー』(岩波新書)による解説
第4回 福島原発事故後の原発と政治 1 原点としての過酷事故
第5回 福島原発事故後の原発と政治 2 原発問題の現状
第6回 福島原発事故後の原発と政治 3 原発再稼働問題
第7回 合理的選択論のプリンシパル・エージェント関係による事例解説
第8回  福島原発事故後の原発と政治 4 原発再稼働と政治
第9回  財政危機問題 1  日本の財政赤字累積問題
第10回 財政危機問題  2  復興予算流用問題
第11回 財政危機問題 3 民主主義と財政赤字問題 田中秀明『日本の財政』(中公新書)、等による解説
第12回 憲法改正問題 1 NHK『日本国憲法誕生』
第13回 憲法改正問題 2 NHK『日本国憲法誕生』の解説
第14回 憲法改正問題 3 今日の憲法改正問題の争点は何か?
第15回 総括 11,12,13回の内容について総括的に検討し、期末レポートを提出


●成績評価の方法

感想文又は課題レポート(ほぼ毎回)、受講態度、期末レポートにより総合的に成績評価を行う。受講生が20人を超えた場合は課題数を減らし、期末試験を行う。学期途中で履修の意思がなくなった場合,履修取り下げ届を提出する必要があります。

●教科書

授業中に、テキストや資料を配付します。

●参考書

授業時に適宜、紹介します。

●注意事項

授業中に、内職、携帯、ゲーム、雑誌や漫画を読む、イヤホンで音楽を聞く、スマホを使う等の行為は厳禁です。また、授業開始時にレジュメを取って教室を出て行くのは止めてください。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る