2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170022204

●科目区分
文系基礎科目

●科目名
政治学
●主担当教員名
後 房雄

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅱ期
火・2
●対象学部
文系学部



●本授業の目的およびねらい

日本政治や先進諸国の政治を素材にして、いくつかの重要なトピックについて解説することを通じて、政治学の基本的な考え方や概念の手ほどきを行い、市民としての政治的関心と素養を養うことを目的とする。
特に、政治改革、行政改革、福祉改革、経済構造改革(規制緩和など)、地方分権改革などの一連の自由主義的改革の動向に注目する。3年半の民主党政権やその後の第二次安倍内閣の経験などを踏まえて、日本政治の今後の課題についても考える。

●履修条件あるいは関連する科目等

なし。

●授業内容

 1 イントロダクション: 「政治」とは何か
 2 大統領制と議院内閣制
 3 選挙制度と民意のタイプ(比例代表制、小選挙区制、住民投票)
 4 比例代表制型民主主義ゲームと小選挙区制型民主主義ゲーム
 5 戦後日本政治の実態(予算編成過程)
 6 官僚内閣制と利益誘導政治
 7 政治改革と小沢一郎
 8 マニフェスト型政権運営と官邸主導
 9 「大きな政府」への歴史的傾向とその転換
 10 「追い付き型近代化」体制の成功による終焉
 11 新自由主義の考え方とバウチャー制度
 12 福祉改革の諸潮流とパラダイム転換
 13 第二次安倍政権と日本政治の今後

●成績評価の方法

定期試験(70%)および課題レポート(30%)
学期末試験を受けなかった者は欠席として扱う。

●教科書

なし。
必要な資料は適宜配布する。

●参考書

後房雄『政権交代への軌跡』花伝社、2009年
後房雄『NPOは公共サービスを担えるか』法律文化社、2009年
ルグラン(後房雄訳)『準市場 もう一つの見えざる手』法律文化社、2010年
その他、講義において適宜紹介する。

●注意事項



●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

日本や諸外国の政治の動きなどをニュースで追いながら聴講すること、分からないことがあれば遠慮なく質問を出すことを期待します。


時間割一覧へ戻る