2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170014205

●科目区分
文系基礎科目

●科目名
国際開発学
●主担当教員名
岡田 勇

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
木・2
●対象学部
文系学部



●本授業の目的およびねらい

 本授業のねらいは、発展途上国の開発問題について多様な経験に学びながら、既存知識を当たり前とすることなく自主的に考えられる人を育てることにあり、そのための1つの方法として比較分析を行う。以下の3点を扱う。
(1)政治的側面に焦点をあてる。
(2)テーマとして、20世紀の開発体制、民主化、今日の民主主義の諸問題、資源問題をとりあげる。
(3)アジア諸国とラテンアメリカ諸国を、比較の視座から分析する。

●履修条件あるいは関連する科目等

該当なし

●授業内容

1.国際開発の政治的基礎
2.地域間比較というレンズ
3.開発体制とは何か
4~6.アジアとラテンアメリカの開発体制
7.民主化とは何か
8~9.アジアとラテンアメリカの民主化
10~12.今日の民主主義の課題
13.資源と開発①:限られた資源
14.資源と開発②:多すぎる資源
15.期末テスト及び講評・解説


●成績評価の方法

履修取り下げを認める。授業への参加とペーパー提出65% 期末レポート35%
※1度でも写し(剽窃)、代弁行為などの不正があった場合、関係者全員に単位を与えない。

●教科書

なし。

●参考書

岩崎育夫、『アジア政治とは何か』、中公叢書、ISBN9784120040863
稲田十一ほか、『国際開発の地域比較』、中央経済社、ISBN9784502641839
その他、必要があれば授業中に紹介する。


●注意事項

第1回目の授業で、授業の進め方と成績評価に関するルールを説明する。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

この授業では、途上国の歴史や実情を知る機会と、考える機会をともに重視します。そのため、毎回の授業には単に参加するだけでなく、レスポンス・ペーパーの提出が必要です。



時間割一覧へ戻る