2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170014117

●科目区分
文系基礎科目

●科目名
国際開発学
●主担当教員名
伊東 早苗

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
木・1
●対象学部
情(自然・コン)・理・医・農



●本授業の目的およびねらい

 この授業では、第二次大戦後の国際開発の歴史と、現代における国際社会の行動指針である「持続可能な開発目標」について学習します。急速にグローバル化する世界の中で、開発途上国や他の先進国と、私たちはどのような国際協力を進めるべきかを一緒に考えます。
 この授業を履修することで、世界各国が抱える現実社会の課題について、政策を通じて、またグローバルな視点で解決策を考える力が身につきます。


●履修条件あるいは関連する科目等

 国際機関のウェブサイト等を読んで理解できる英語力が、履修の必須条件です。

●授業内容

①~②開発とは何か:国際開発の歴史
③~⑥ミレニアム開発目標
⑦~⑧ミレニアム開発目標から持続可能な開発目標へ
⑨新興国の台頭と貧困地図の変遷
⑩国際協力機関:国際機関
⑪国際協力機関:NGO
⑫国際協力機関:二国間援助機関
⑬日本のODAと開発協力大綱
⑭国際協力の新しいアクター
⑮「開発」とは何か、そして「国際協力」はどうあるべきか

参照ウェブサイト:

外務省「持続可能な開発のための2030アジェンダ」http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/doukou/page23_000779.html


●成績評価の方法

期末試験(70%)および出欠をかねた小テスト(30%)。
履修取り下げ制度を採用する。


●教科書

『SDGsと開発協力:持続可能な開発目標のための学び』田中治彦・三宅隆史・湯本浩之編著。学文社
ISBN978-4-7620-2649-2

●参考書

『参加型開発と国際協力』ロバート・チェンバース著、野田直人・白鳥清志訳。 ISBN-10: 4750313076

●注意事項



●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)

自分の意見をきちんとのべることのできる、意欲ある学生を歓迎します。


時間割一覧へ戻る