2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170014116

●科目区分
文系基礎科目

●科目名
経済学A
●主担当教員名
柳瀬 明彦

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
木・1
●対象学部
情(自然・コン)・理・医・農



●本授業の目的およびねらい

複数の主体が存在する状況下での意思決定について研究するゲーム理論は、現在では様々な学問分野で応用されている。この講義では、経済取引における経済主体間(売り手と買い手との間やライバル企業同士など)の戦略的関係に焦点を当て、それらのゲーム理論による分析について解説する。
このような戦略的アプローチによる経済分析は、現代の経済理論では極めてポピュラーなものとなっている。したがって、本講義はゲーム理論の入門であると同時に、経済学(特にミクロ経済学)の入門という性質も併せ持っている。

●履修条件あるいは関連する科目等

高校卒業レベルの数学を理解していることを前提とする。

●授業内容

1. ゲーム理論の基礎概念
(戦略形表現、ナッシュ均衡、展開形表現、部分ゲーム完全均衡)
2. 繰り返しゲーム
3. 情報の非対称性
4. ゲーム理論の応用1
(交渉ゲーム、オークション、市場取引)
時間があれば、次のトピックについても講義する:
4. ゲーム理論の応用2
(シグナリング、メカニズム・デザイン、金融取引、投票など)

ゲーム理論や経済学は論理的思考を必要とするので、自分の頭でよく考える努力をしないと、本当の理解を得るのは難しいだろう。したがって、授業では講義だけでなく問題演習の機会も多く設ける予定である。



●成績評価の方法

授業中の小テストおよび期末試験の成績に基づいて評価する。

●教科書

なし(オリジナル教材を使用する)

●参考書

授業中に紹介する。

●注意事項

受講にあたっては特に予備知識は必要ないが、授業内容の確実な理解を得るために、受講生は授業時間以外にも復習に十分な時間をかけることが求められる。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る