2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170011207

●科目区分
文系基礎科目

●科目名
比較教育論
●主担当教員名
服部 美奈

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
月・2
●対象学部
文系学部



●本授業の目的およびねらい

本講義は、各国の教育制度の特質や人間形成のあり方、また各国が抱える共通の教育問題
を比較考察することにより、グローバルな視点から教育現象を考察することを目的として
いる。具体的には、各国の教育改革の動向や発展途上国が抱える教育問題、教育のなかの
エスニシティ・宗教問題、国際学力調査からみる世界の学力マップ、新しい教育形態の模
索など、テーマに沿っていくつかの国・地域を取り上げる。これらの考察により、日本を
含む各国の教育を様々な視点から分析し、多面的に考える視点を提供したい。

●履修条件あるいは関連する科目等

特になし。

●授業内容

1.比較教育論とは〜本講義の目的と概要〜
   1)世界教育白書からみた教育
   2)グローバル化時代の教育
2.教育機会の拡大と学歴問題
   1)東・東南アジア諸国における教育拡大と学歴問題
   2)国際競争力強化のための教育改革
3.教育のなかのエスニシティ・言語
   1)多文化社会における教育
   2)マイノリティの教育保障
4.教育のなかの宗教
   1)教育と宗教の分離をめぐる問題
   2)イスラーム文化圏の教育
5.新しい教育形態の模索
   1)チャータースクール
   2)ホームスクール
6.国際学力調査からみる世界の学力マップ
   1)OECD生徒の学習到達度調査(PISA)
   2)国際数学・理科教育調査(IEA)
7.ヨーロッパの教育改革動向
   1)分岐型教育制度と改革動向
   2)EU統合と教育改革
8.総括〜世界の教育動向から日本を考える〜

●成績評価の方法

出席(40%)および期末課題レポート(60%)によって評価する。

●教科書

テキストは使用しない。適宜、プリントを準備する。

●参考書

適宜、講義時間に提示する。

●注意事項



●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る