2017年度 シラバス情報詳細

●時間割コード
20170011201

●科目区分
文系基礎科目

●科目名
哲学
●主担当教員名
米山 優

●単位数
2単位

●開講時期
Ⅰ期
月・2
●対象学部
文系学部



●本授業の目的およびねらい

知識を詰め込む講義ではなく「考える」訓練を目的とする。フランスの哲学者アランの『定義集』という文庫本のわずか数行から十数行で書かれた<概念の定義>を毎週一つずつ(本年度は「証拠」から順次)参加者には予習してもらい、その訳文について授業中に吟味しつつ、考察を進める。彼はデカルトに最も多く学んだと公言しており、古き良きフランス哲学の伝統を守りつつ、しかも哲学的な専門用語をあまり使わずに書く人物である。講義中に、スマホなどで、講義内容に関わった感想や質問のメールを送ってもらったり、スマホなどを使わない人にはリアクションペーパーを提出してもらう。

●履修条件あるいは関連する科目等

なし

●授業内容


以下の概念の定義について講義する。


1. 証拠
2. 祈り
3. 進歩
4. 反射
5. 後悔
6. 宗教
7. 戒め
8. 悔恨
9. 名声
10. 悔悛
11. 叱責
12. 糾弾
13. 非難
14. 諦め
15. 決断


●成績評価の方法

メールあるいはリアクションペーパーによる授業参加の平常点が50%、最終レポートが50%

●教科書

アラン 『定義集』 岩波文庫

●参考書

米山 優 『自分で考える本』 NTT出版
米山 優 『情報学の展開』 昭和堂


●注意事項

予習を必ずしてくること。

●本授業に関する参照Webページ



●担当者からの言葉(Webページのみ表示)




時間割一覧へ戻る