教養教育院と全学教育の紹介

教養教育推進室

教養教育推進室は、本学における教養教育機能の強化と充実を図るため、平成22年4月に教養教育院に設置されたものであり、その下に「基盤開発部門」および「アカデミック・ライティング教育部門」の2部門をおいています。また,平成31年4月には,基盤開発部門の下に「ハイブリッド・ラーニングセンター」が設置されました。

基盤開発部門

基盤開発部門は東海機構における全学教育科目の円滑な運営支援,新たな英語語学教育を含む全学教育科目の教材の開発及び新たな機材を活用した教育環境の整備を行うことを目的に掲げています.具体的には,東海機構における教養教育の目標,カリキュラム並びに個々の学生の資質及び能力に応じて,ICT(Information and Communication Technology)を活用した教育効果の高い教材の開発及び制作を行うとともに,当該教材の運用を推進します.

また、名古屋大学の教育の一端を、社会へ広く情報発信することを目的に「名大の授業(名古屋大学 Open Course Ware)」のコンテンツ企画、制作を行うと共に本学及び機構の自主学習サポートシステム(eポートフォリオ)の実施支援を行います.

アカデミック・ライティング教育部門

アカデミック・ライティング教育部門は、名古屋大学における語学教育を改善するために、外国語を母語とする教員による学術論文の読解力及び執筆能力を養成する授業を開講することにより、英語等の外国語による学生の国際的な発信能力を向上させます。

アカデミック・ライティング教育部門では「名古屋大学ライティングセンター」の企画・運営を行っています。

ハイブリッド・ラーニングセンター

ハイブリッド・ラーニングセンターは,名古屋大学情報基盤センター教育情報メディア研究部門と連携し,リメディアル教育,先進的教育等の全学教育に係るe-ラーニング教材,オンデマンド授業等の制作並びにその支援及び運用の推進を行うために,基盤開発部門に設置されました.

ハイブリッド・ラーニングセンターでは,以下のシステムの実施支援を行っています.

  • 遠隔講義システム(Vidyo)
  • 自主学習サポートシステム(eポートフォリオ)
  • 学外受講者向け教材配信システム(Canvas)

アカデミック・イングリッシュ支援室

アカデミック・イングリッシュ支援室(通称 AccESS)では、主に以下の業務を行っています。
  • 英語課外学習教材の運営と学習データの管理
  • 各種英語試験の実施と成績データ管理及びサポート
  • e-Learning 教材の開発
  • 学部3・4年生対象 学習教材の提供
  • 大学院生対象 学習教材の提供
アカデミック・イングリッシュ支援室が開発した教材には以下があります. 詳細はこちらをご覧下さい.