全学教育の授業案内

授業実施方法

学年と学期

本学の学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わります。この1年間を前期(4月1日から9月30日まで)と、後期(10月1日から3月31日まで)とに分け、各学期において、15週分の授業を行います。

1学年
前期後期
4月1日〜9月30日10月1日〜3月31日

なお、各学部が開講する学部科目に関しては、それぞれの学部の事情により、一部異なる日程が組まれることもあるので、注意してください。

修業年限は、通常4年間(医学部医学科は6年間)なので、この間に8つの学期(医学部医学科は12の学期)が含まれることになります。この学期を入学年度の前期から、順次、通し番号をつけて次のように呼びます。

なお、期の順番を表す数字は常にローマ数字を使用します。

1年次2年次3年次4年次
前期後期前期後期前期後期前期後期
Ⅰ期Ⅱ期Ⅲ期Ⅳ期Ⅴ期Ⅵ期Ⅶ期Ⅷ期

休業日

授業を行わない日を休業日といいます。本学の休業日は、次のとおりです。

定期的なもの 1日限りのもの
  • 日曜日
  • 土曜日
  • 国民の祝日に関する法律に規定する休日
長期のもの
  • 夏季休業
  • 冬季休業
臨時的なもの
  • 名大祭など

授業時間

本学の授業時間は、通常2時間(実時間90分)連続して行われます。ただし、物理学実験、化学実験、生物学実験、地球科学実験などのように3時間(実時間135分)連続の授業もあります。

各授業の始めと終わりは、次のようになっており、その日の最初の授業から次のように、順次、番号を付けています。この授業時間は、1年間を通じ、また、全ての学部に共通して定められています。

なお、3時間(実時間135分)連続の授業は、二つの時限にわたる授業です。

第1時限第2時限第3時限第4時限第5時限
8:45〜10:1510:30〜12:0013:00〜14:3014:45〜16:1516:30〜18:00

授業形式と単位制度

授業科目は、開講科目とも、単に科目ともいうことがあります。この授業科目には、授業の形態により次の授業形式に分けられます。

また、大学では、学生の学修を数量的に表示するために単位制度が採られており、本学の教育課程を修了するためには、各学部ごとに定められた履修基準に従って、所定の全学教育科目及び学部科目の単位を修得しなければなりません。

授業形式内容1週間1授業時間の場合、半期の単位数科目区分
講義

授業が、担当教員の講ずることを中心として進行する形態のものをいう。

2時間×15週(実時間90分)2.0単位
  • 健康・スポーツ科学講義
  • 文系基礎科目
  • 理系基礎科目
    (実験を除く)
  • 文系教養科目
  • 理系教養科目
  • 全学教養科目
演習

授業が、受講人員の制限のもとで、学生の主体的な学修を中心として進行する形態のものをいう。

2時間×15週(実時間90分)1.0,1.5,2.0単位※
  • 基礎セミナー
  • 言語文化
実習

授業が、学生の実地または実物について学修、あるいは、学生の実技や技能についての修得などを中心として進行する形態のものをいう。

2時間×15週(実時間90分)1.0単位
  • 健康・スポーツ科学実習
実験

授業が、実験で行われる形態のものをいう。

3時間×15週(実時間135分)1.5単位
  • 物理学実験
  • 化学実験
  • 生物学実験
  • 地球科学実験

※どの授業科目がどの単位数になるかは授業科目で確認すること。

成績評価基準

これまでの名古屋大学の成績評価は、優・良・可・不可の4段階評価でしたが、平成23年度入学生からは、S・A・B・C・Fの5段階評価とし、S・A・B・Cを合格、Fを不合格とします。ただし、この区分による成績認定が不能な科目に関しては、合格・不合格の2区分となります。

学部教育の成績評価にGPA(Grade Point Average)制度を次のように導入します。

  • GPAを次式で定義します。
    GPA =4.3×S取得単位数 + 4×A取得単位数 + 3×B取得単位数 + 2×C取得単位数
    S取得単位数 + A取得単位数 + B取得単位数 + C取得単位数 + F科目単位数
  • 履修登録はしたが、欠席した授業科目はGPAには算入しません。
  • 合格・不合格により成績評価された授業科目はGPAには算入しません。
  • 他の大学等で履修し、本学で単位認定をした授業科目はGPAには算入しません。
  • 随意科目等の卒業要件に関わらない授業科目については、5段階により成績評価がなされますが、GPAには算入しません。
  • Fの評価を受けた授業科目を再度履修して、その成績評価がS、A、B、C又はFであった場合、再履修前のF評価は累積GPAに算入しません。
  • 各学期末に成績が確定する毎に、当該学期の「学期GPA」と計算し直した「累積GPA」を成績表に記載します。
    • 学期GPA:当該学期の取得単位数及びF科目を対象としたもの。
    • 累積GPA:入学時から当該学期までの取得単位数及びF科目の累計を対象としたもの。

この制度が、学生の皆さんが自らの学修状況に対する意識を高め、より自発的に学習に取り組むための一助となることを期待します。