教養教育院と全学教育の紹介

全学教育

名古屋大学では、名古屋大学学術憲章の精神に基づき「独創的で自立した豊かな個性を備えた知識人を育成するために、それにふさわしい教養教育及び基礎教育を全学的な責任体制で実施する教育」を全学教育と呼んでいます。

全学教育の目的と目標

名古屋大学学術憲章は、「名古屋大学は、自由闊達な学風の下、人間と社会と自然に関する研究と教育を通じて、人々の幸福に貢献することを、その使命とする。とりわけ、人間性と科学の調和的発展を目指し、人文科学、社会科学、自然科学をともに視野に入れた高度な研究と教育を実践する。」と宣言し、教育の基本目標を次のように定めています。

名古屋大学は、自発性を重視する教育実践によって、論理的思考力と想像力に富んだ勇気ある知識人を育てる。

名古屋大学は、この学術憲章の基本概念を実現するために、教養教育及び基礎教育から学部専門教育に亘る四年一貫教育体制を採用し、教養教育・基礎教育は、教育の内容と実施の両面において、特定の部局や教員集団ではなく、名古屋大学が、大学全体として責任を担い、教育の質を保証するシステムであることが大きな特色です。

全学教育の基本的な教育目標

  • 総合的な判断力と思考力を培う
  • 学生の主体性と、学ぶ意欲を育む
  • 人間性を育むコミュニケーション能力を培う
  • 学部間に共通の基礎的学力を培い、探求心を養う

全学教育の科目とその内容

本学における全学教育科目は、全学教育の理念と目標のもとに、基礎科目と教養科目に区分しています。科目区分とその内容は、次表のとおりです。

基礎科目全学基礎科目

初年次生を大学教育へ導入し、自立した学習能力を身につけるとともに、文・理に共通した基礎的学力や技能を養う科目

基礎セミナー

多面的な知的トレーニングによって、コモンベーシックとしての読み、書き、話す能力のかん養を図るとともに、真理探究の方法と面白さを学ぶ科目

言語文化

専門的学習のツールとして外国語の能力を高め、異文化理解を深めて、国際社会に相応しい教養を育む科目

健康・スポーツ科学

健康に関する自己管理能力、生涯スポーツの基礎となる技能の習得、スポーツを通したコミュニケーション能力やリーダーシップを育む科目

文系基礎科目

人文・社会科学系分野の学問体系を認識するとともに、自主的判断能力を培う科目

理系基礎科目

自然科学系分野の学問体系を認識するとともに、自主的判断能力を培う科目

教養科目文系教養科目

人文・社会科学系分野の諸現象について、それらの諸現象を学際的、総合的に分析、把握する能力を育むとともに、他の学問分野との関連性について理解する科目

理系教養科目

自然科学系分野の諸現象について、それらの諸現象を学際的、総合的に分析、把握する能力を育むとともに、他の学問分野との関連性について理解する科目

全学教養科目

専門分野を問わず、豊かな人間性を育み、総合的判断能力をかん養する科目

開放科目

学生の自主的で多様な学習意欲に応えるため、学部等が開講する専門系授業科目のうち、他学部の学生の受講が可能であり、かつ、有意義であると認めて全学に開放する科目

履修基準パターン

工学部物理工学科の例

履修基準パターン(工学部物理工学科の例)

経済学部の例

履修基準パターン(経済学部の例)