授業実施方法

学年と学期

本学の学年は,4月1日に始まり,翌年3月31日に終わります。この1年間を春学期(4月1日から9月30日まで)と,秋学期(10月1日から3月31日まで)とに分けた上で,さらに各期の授業期間を2つに分け,前半を春1期・秋1期,後半を春2期・秋2期とし,セメスター(2学期)に加え,クォーター(4学期)で授業が実施できるように学期を設定しています。セメスターの授業については15週分,クォーターの授業については8週分の授業を行います。なお,全学教育科目は,春1期・春2期,秋1期・秋2期を通してセメスター授業を行います。


1学年 春学期 4月1日〜9月30日
秋学期 10月1日〜3月31日

なお、各学部が開講する学部科目に関しては、それぞれの学部の事情により、一部異なる日程が組まれることもあるので、注意してください。

修業年限は、通常4年間(医学部医学科は6年間)なので、この間に8つの学期(医学部医学科は12の学期)が含まれることになります。この学期を入学年度の春学期から、順次、通し番号をつけて次のように呼びます。

なお、期の順番を表す数字は常にローマ数字を使用します。


1年次 春学期 Ⅰ期
秋学期 Ⅱ期
2年次 春学期 Ⅲ期
秋学期 Ⅳ期
3年次 春学期 Ⅴ期
秋学期 Ⅵ期
4年次 春学期 Ⅶ期
秋学期 Ⅷ期

休業日

授業を行わない日を休業日といいます。本学の休業日は、次のとおりです。ただし、休業日であっても、教育上必要がある場合には、授業を行うことがあります。


定期的なもの 1日限りのもの
  • 日曜日
  • 土曜日
  • 国民の祝日に関する法律に規定する休日
長期のもの
  • 夏季休業
  • 冬季休業
臨時的なもの
  • 名大祭など

授業時間

本学の授業時間は、通常2時間(実時間90分)連続して行われます。ただし、物理学実験、化学実験、生物学実験、地球科学実験などのように3時間(実時間135分)連続の授業もあります。

各授業の始めと終わりは、次のようになっており、その日の最初の授業から次のように、順次、番号を付けています。この授業時間は、1年間を通じ、また、全ての学部に共通して定められています。

なお、3時間(実時間135分)連続の授業は、二つの時限にわたる授業です。


第1時限 8:45〜10:15
第2時限 10:30〜12:00
第3時限 13:00〜14:30
第4時限 14:45〜16:15
第5時限 16:30〜18:00

授業形式と単位制度

授業科目は、開講科目とも、単に科目ともいうことがあります。この授業科目には、授業の形態により次の授業形式に分けられます。

また、大学では、学生の学修を数量的に表示するために単位制度が採られており、本学の教育課程を修了するためには、各学部ごとに定められた履修基準に従って、所定の全学教育科目及び学部科目の単位を修得しなければなりません。


授業
形式
内容 1週間1授業時間の場合、
半期の単位数
科目区分
講義 授業が、担当教員の講ずることを中心として進行する形態のものをいう。 2時間×15週(実時間90分)2.0単位
  • 健康・スポーツ科学講義
  • 文系基礎科目
  • 理系基礎科目
    (実験を除く)
  • 文系教養科目
  • 理系教養科目
  • 全学教養科目
演習 授業が、受講人員の制限のもとで、学生の主体的な学修を中心として進行する形態のものをいう。 2時間×15週(実時間90分)1.0,1.5,2.0単位※
  • 基礎セミナー
  • 言語文化
実習 授業が、学生の実地または実物について学修、あるいは、学生の実技や技能についての修得などを中心として進行する形態のものをいう。 2時間×15週(実時間90分)1.0単位
  • 健康・スポーツ科学実習
実験 授業が、実験で行われる形態のものをいう。 3時間×15週(実時間135分)1.5単位
  • 物理学実験
  • 化学実験
  • 生物学実験
  • 地球科学実験

※どの授業科目がどの単位数になるかは授業科目で確認すること。

成績評価基準

成績評価は、S・A・B・C・Fの5段階評価とし、S・A・B・Cを合格、Fを不合格とします。ただし、この区分による成績認定が不能な科目に関しては、合格・不合格の2区分となります。

学部教育の成績評価にGPA(Grade Point Average)制度を次のように導入します。


  • GPAを次式で定義します。

    GPA =4.3×S取得単位数 + 4×A取得単位数 + 3×B取得単位数 + 2×C取得単位数
    S取得単位数 + A取得単位数 + B取得単位数 + C取得単位数 + F科目単位数

  • 履修登録はしたが、欠席した授業科目はGPAには算入しません。
  • 合格・不合格により成績評価された授業科目はGPAには算入しません。
  • 他の大学等で履修し、本学で単位認定をした授業科目はGPAには算入しません。
  • 随意科目等の卒業要件に関わらない授業科目については、5段階により成績評価がなされますが、GPAには算入しません。
  • Fの評価を受けた授業科目を再度履修して、その成績評価がS、A、B、C又はFであった場合、再履修前のF評価は累積GPAに算入しません。
  • 各学期末に成績が確定する毎に、当該学期の「学期GPA」と計算し直した「累積GPA」は名古屋大学ポータルで確認できます。
    • 学期GPA:当該学期の取得単位数及びF科目を対象としたもの。
    • 累積GPA:入学時から当該学期までの取得単位数及びF科目の累計を対象としたもの。

この制度が、学生の皆さんが自らの学修状況に対する意識を高め、より自発的に学習に取り組むための一助となることを期待します。


授業科目

授業科目名をクリックすると、目的とねらいが表示されます。

コースナンバリング・コードの意味はこちらをご覧下さい。

全学基礎科目(基礎セミナー)


授業科目 授業形式 単位数 備考 コースナンバリング
演習 2 LASFS0001J, E
演習 2 LASFS0002J, E
  • 注1.基礎セミナーA、基礎セミナーBは、開講期による区分です。
  • 注2.対象学生により、文系クラス、理系クラス、文理融合クラスの区分があります。
  • 注3.必修科目であり、文系学生は、基礎セミナーA及び基礎セミナーB(合計4単位)、理系学生は、基礎セミナーA又は基礎セミナーB(2単位)を履修します。

全学基礎科目(言語文化)

言語文化Ⅰ


授業科目 授業形式 単位数 備考 コースナンバリング
演習 1 LASLC0101J, E
演習 1 LASLC0102J, E
演習 2 LASLC0103J, E
演習 2 LASLC0104J, E
演習 2 LASLC0105J, E
演習 1 LASLC0106J, E
演習 1 LASLC0107J, E
演習 1 随意科目 LASLC0100J
演習 1.5 LASLC0201J, O
演習 1.5 LASLC0202J, O
演習 1.5 LASLC0203J, O
演習 1.5 LASLC0204J, O
演習 1.5 LASLC0301J, O
演習 1.5 LASLC0302J, O
演習 1.5 LASLC0303J, O
演習 1.5 LASLC0304J, O
演習 1.5 LASLC0401J, O
演習 1.5 LASLC0402J, O
演習 1.5 LASLC0403J, O
演習 1.5 LASLC0404J, O
演習 1.5 LASLC0501J, O
演習 1.5 LASLC0502J, O
演習 1.5 LASLC0503J, O
演習 1.5 LASLC0504J, O
演習 1.5 LASLC0601J, O
演習 1.5 LASLC0602J, O
演習 1.5 LASLC0603J, O
演習 1.5 LASLC0604J, O
演習 1.5 LASLC0701J, O
演習 1.5 LASLC0702J, O
演習 1.5 LASLC0703J, O
演習 1.5 LASLC0704J, O
演習 1.5 外国人留学生を対象 LASLC0801J
演習 1.5 外国人留学生を対象 LASLC0802J
演習 1.5 外国人留学生を対象 LASLC0803J
演習 1.5 外国人留学生を対象 LASLC0804J

言語文化Ⅱ

※年度により開講しない科目あり

授業科目 授業形式 単位数 備考 コースナンバリング
演習 2 LASLC1101J, E
演習 2 LASLC1102J, E
演習 2 LASLC1103J, E
演習 2 LASLC1104J, E
演習 2 LASLC1105J, E
演習 2 LASLC1106J, E
演習 2 LASLC1107J, E
演習 2 LASLC1108J, E
演習 2 LASLC0205J
演習 2 LASLC0206J
演習 2 LASLC1201J, O
演習 2 LASLC1202J, O
演習 2 LASLC1203J, O
演習 2 LASLC1204J, O
演習 2 LASLC0305J
演習 2 LASLC0306J
演習 2 LASLC1301J, O
演習 2 LASLC1302J, O
演習 2 LASLC1303J, O
演習 2 LASLC1304J, O
演習 2 LASLC0405J
演習 2 LASLC0406J
演習 2 LASLC1401J, O
演習 2 LASLC1402J, O
演習 2 LASLC1403J, O
演習 2 LASLC1404J, O
演習 2 LASLC0505J
演習 2 LASLC0506J
演習 2 LASLC1501J, O
演習 2 LASLC1502J, O
演習 2 LASLC1503J, O
演習 2 LASLC1504J, O
演習 2 LASLC0605J
演習 2 LASLC0606J
演習 2 LASLC1601J, O
演習 2 LASLC1602J, O
演習 2 LASLC1603J, O
演習 2 LASLC1604J, O
演習 2 LASLC0705J
演習 2 LASLC0706J
演習 2 LASLC1701J, O
演習 2 LASLC1702J, O
演習 2 LASLC1703J, O
演習 2 LASLC1704J, O
演習 2 LASLC0901J
演習 2 LASLC0902J
演習 2 LASLC0903J
演習 2 LASLC0904J
演習 2 LASLC0905J
演習 2 LASLC0906J
演習 2 LASLC0907J
演習 2 LASLC0908J
演習 2 LASLC1901J, O
演習 2 LASLC1902J, O
演習 2 LASLC0909J
演習 2 外国人留学生を対象 LASLC1801J
演習 2 外国人留学生を対象 LASLC1802J

言語文化Ⅲ

授業科目 授業形式 単位数 備考 コースナンバリング
演習 2 英語及び英語以外の外国語の科目として扱わない LASLC0111J
演習 1 英語及び英語以外の外国語の科目として扱わない LASLC0207J
演習 1 英語及び英語以外の外国語の科目として扱わない LASLC0208J
演習 1 英語及び英語以外の外国語の科目として扱わない LASLC0307J
演習 1 英語及び英語以外の外国語の科目として扱わない LASLC0308J
演習 1 英語及び英語以外の外国語の科目として扱わない LASLC0507J
演習 1 英語及び英語以外の外国語の科目として扱わない LASLC0508J

言語文化検定

名古屋大学全学教育科目規程(第13条)参照


授業科目授業形式単位数備考コースナンバリング
英語(検定試験)1演習2英語検定試験による単位認定制度LASLC0112J
英語(検定試験)2演習4英語検定試験による単位認定制度LASLC0113J

健康・スポーツ科学

※年度により開講しない科目あり


授業科目 授業形式 単位数 備考 コースナンバリング
講義 2 LASHS0000J
実習 1 アダプテッド、テニス、バドミントン、卓球、ベースボール、ソフトボール、サッカー、バレーボール、バスケット、ゴルフ、トレーニング、スイミング、太極拳、フィットネス、フットサル、ラケット、エアロビクス、アーチェリー、アルティメット LASHS0100J, E
実習 1 アダプテッド、テニス、バドミントン、卓球、ベースボール、ソフトボール、サッカー、バレーボール、バスケット、ゴルフ、トレーニング、スイミング、太極拳、フィットネス、フットサル、ラケット、エアロビクス、アーチェリー、アルティメット、スキー、トレッキング LASHS0200J, E

文系基礎科目

授業科目 授業形式 単位数 備考 コースナンバリング
講義 2 LASBH0101J
講義 2 LASBH0102J, E
講義 2 LASBH0103J, E
講義 2 LASBH0104J
講義 2 LASBH0105J
講義 2 LASBH0106J
講義 2 LASBH0201J
講義 2 LASBH0202J
講義 2 法学部の学生が受講しても、卒業要件単位として認められません LASBH0301J
講義 2 法学部の学生が受講しても、卒業要件単位として認められません LASBH0302J
講義 2 法学部の学生が受講しても、卒業要件単位として認められません LASBH0303J, E
講義 2 LASBH0401J, E
講義 2 LASBH0402J, E
講義 2 LASBH0403J, E
講義 2 LASBH0501J
講義 2 LASBH0502J
講義 2 LASBH0601J
講義 2 LASBH0503J
講義 2 LASBH0504J

理系基礎科目

授業科目 授業形式 単位数 備考 コースナンバリング
講義 2 情報学部、理学部、工学部、農学部対象 LASBN0101J, E
講義 2 情報学部、理学部、工学部、農学部対象 LASBN0102J, E
講義 2 情報学部、理学部、工学部、農学部対象 LASBN0103J, E
講義 2 情報学部、理学部、工学部、農学部対象 LASBN0104J, E
講義 2 情報学部自然情報学科・コンピュータ科学科、理学部、工学部対象 LASBN1101J, E
講義 2 医学部対象 LASBN0105J
講義 2 医学部対象 LASBN0106J
講義 2 文系学部対象 LASBN0100J, E
講義 2 工学部対象 LASBN0201J
講義 2 工学部対象 LASBN0202J
講義 2 理学部物理学科を希望する学生及び工学部対象 LASBN0203J
講義 2 理学部物理学科を希望する学生及び工学部対象 LASBN0204J
講義 2 情報学部自然情報学科・コンピュータ科学科、理学部、医学部、農学部対象 LASBN0205J, E
講義 2 情報学部自然情報学科・コンピュータ科学科、理学部(物理学科を志望する学生を除く)、医学部、農学部対象 LASBN0206J, E
実験 1.5 情報学部自然情報学科・コンピュータ科学科、理学部、医学部医学科、工学部、農学部対象 LASBN0299J, E
講義 2 文系学部対象 LASBN0200J
講義 2 情報学部自然情報学科・コンピュータ科学科、理学部、医学部、工学部、農学部対象 LASBN0301J, E
講義 2 情報学部自然情報学科、理学部、医学部、工学部、農学部対象 LASBN0302J, E
実験 1.5 情報学部自然情報学科、理学部、医学部医学科、工学部、農学部対象 LASBN0399J, E
講義 2 文系学部対象 LASBN0300J
講義 2 情報学部自然情報学科・コンピュータ科学科、理学部、医学部、農学部対象 LASBN0401J, E
講義 2 情報学部自然情報学科、理学部、医学部、農学部対象 LASBN0402J, E
実験 1.5 情報学部自然情報学科、理学部、医学部保健学科、農学部対象 LASBN0499J, E
講義 2 文系学部対象 LASBN0400J
講義 2 情報学部自然情報学科・コンピュータ科学科、理学部、農学部対象 LASBN0501J, E
講義 2 情報学部自然情報学科、理学部、農学部対象 LASBN0502J, E
実験 1.5 情報学部自然情報学科、理学部、農学部対象 LASBN0599J
講義 2 文系学部対象 LASBN0500J
講義 2 文系学部対象 LASBN0600J
講義 随意科目 LASBN1102E

文系教養科目

授業科目 授業形式 単位数 備考 コースナンバリング
講義 2 LASLH1101J
講義 2 LASLH1102J
講義 2 LASLH1103J
講義 2 LASLH1104J
講義 2 LASLH1105J, E
講義 2 LASLH1106J, E
講義 2 LASLH1107J
講義 2 LASLH1108J
講義 2 LASLH1109J
講義 2 LASLH1201J
講義 2 LASLH1202J
講義 2 LASLH1301J
講義 2 LASLH1302J, E
講義 2 LASLH1401J, E
講義 2 LASLH1402J
講義 2 LASLH1501J, E
講義 2 LASLH1502J
講義 2 LASLH1601J
講義 2 LASLH1602J
講義 2 LASLH1603J
講義 2 LASLH1604J
講義 2 LASLH1606J
講義 2 LASLH1607J

理系教養科目

授業科目 授業形式 単位数 備考 コースナンバリング
講義 2 LASLN1101J
講義 2 LASLN1102J
講義 2 LASLN1103J
講義 2 LASLN1104J
講義 2 LASLN1105J
講義 2 LASLN1106J
講義 2 LASLN1201J
講義 2 LASLN1202J
講義 2 LASLN1203J
講義 2 LASLN1301J
講義 2 LASLN1302J
講義 2 LASLN1303J
講義 2 LASLN1304J, E
講義 2 LASLN1401J, E
講義 2 LASLN1402J
講義 2 LASLN1403J
講義 2 LASLN1404J
講義 2 LASLN1405J
講義 2 LASLN1406J
講義 2 LASLN1407J
講義 2 LASLN1408J
講義 2 LASLN1409J, E
講義 2 LASLN1501J
講義 2 LASLN1601J
講義 2 LASLN1602J
講義 2 LASLN1603J
講義 2 LASLN1604J
講義 2 LASLN1605J
講義 2 LASLN1606J
講義 2 LASLN1701J
講義 2 LASLN1702J

全学教養科目

授業科目 授業形式 単位数 備考 コースナンバリング
講義 2 LASLI1001J
講義 2 LASLI1002J
講義 2 LASLI1003J
講義 2 LASLI1004J
講義 2 LASLI1005J
講義 2 LASLI1006J
講義 2 LASLI1007J
講義 2 LASLI1008J
講義 2 LASLI1009J
講義 2 LASLI1010J
講義 2 LASLI1011J
講義 2 LASLI1012J, E
講義 2 LASLI1013J
講義 2 LASLI1014J
講義 2 LASLI1015J, E
講義 2 LASLI1016J
講義 2 LASLI1017J
講義 2 LASLI1018J, E
講義 2 LASLI1019J
講義 2 LASLI1020J
講義 2 LASLI1021J, E
講義 2 LASLI1022J
特別講義 講義 授業科目・単位数等は全学教育委員会が別に定める。 LASLI1023J, E

開放科目

学部等の専門系科目のうち全学教育委員会が適当と認めた授業科目。


試験と成績

全学教育科目(開放科目を除く)の試験に関する一般的注意事項は、次のとおりです。

  • 原則として、各学期末に学期末試験を行います。
  • 試験は、筆記試験を行うことを原則としますが、筆記試験の代わりに、レポート提出、口述試験、実験報告などによることもあります。
  • 試験を受ける際は、机上に学生証を提示しなければなりません。
  • 試験の際、20分以上遅刻すると、試験室に入ることが許可されません。

    なお、受験している試験室からの退出が許可されるのは、試験開始後30分以上経過してからです。ただし、試験終了前の5分間は、退出が許可されません。

    また、退出した場合は、他の受験者の迷惑にならないよう静粛にしてください。

  • 試験時間は、すべて標準電気時計又はそれに合わせた監督者の時計によります。
  • 試験の際、不正行為を行ってはいけません。

    万一、不正行為のあったときは、教養教育院の議を経て、所属する学部長に通知するものとし、各学部の教授会は、「名古屋大学学生の懲戒等に関する規程」により、何らかの措置(当該学生の当該学期に認定される授業科目の単位をすべて無効とする等)を決定します。

  • 開放科目の試験については、開講学部等の指示に従ってください。

自然災害等に伴う授業及び学期末試験の取扱い

台風等または地震による災害が発生した場合、もしくは発生のおそれがあり警報等の情報が発表された場合の全学教育科目の授業及び学期末試験(追試験及び再試験を含む。以降「授業等」という。)の対応は次のとおりです。

台風に伴い、名古屋市に暴風警報が発表された場合

台風に伴い名古屋市に暴風警報が発表された場合は、暴風警報発表後に開始される授業等は休講となります。ただし、暴風警報が解除された場合の授業等の実施については、別表のとおりです。

別表 暴風警報の解除後の授業の実施
警報解除時刻 授業開始時限
6:45まで 第1限
以後11:00まで 第3限

注意事項等

  • 暴風警報が発表された際、既に大学に登校している場合は、危険な状況になる前に帰宅してください。
  • 登校途中に暴風警報が発表された場合は、登校せず、帰宅してください。
  • 授業等の実施中に暴風警報が発表された場合は、当該授業終了後、経路の安全を確認し、帰宅してください。

地震・火災が発生した場合

授業等の実施中に地震等が発生した時は、地震等の規模や周りの状況を冷静に判断し、まず身の安全を図ってください。その後、授業等を速やかに中断し、授業担当教員の指示に従って、指定された避難場所へ避難してください。避難後は、大学(教養教育院)の指示に従ってください。

「南海トラフ地震に関する情報(臨時)」が発表された場合

授業等の実施中に「南海トラフ地震に関する情報(臨時)」が発表された場合は、各自で情報収集・安全確保に努めるとともに、授業等の実施については大学からの指示に従ってください。

その他、災害が発生した場合、もしくは発生のおそれがある場合

上記以外の場合において、授業等を実施することが困難であると判断されるときは、教養教育院において休講措置等の情報をホームページ及び掲示等により通知します。

代替措置

上記により中止となった場合の授業等の代替措置実施期日は、掲示等により通知します。


 Top